雨漏りの調査が行われる前に自分でできることはしておきましょう

雨漏りを発見した際の対処方法

雨漏り

窓に雨漏りが発生した場合、調査や修理を業者に依頼するのも重要ですが、自分でできることをしておくと二次被害の発生リスクを大幅に下げることができます。ここでは、自分でできる雨漏り対策を紹介していきます。

対策方法

マンションで雨漏りを発見したので管理会社に報告しました。業者が来るまでに自分でできることはありますか?(男性/会社員)
賃貸マンションやアパートの場合、二次被害によって他の人の部屋に被害をもたらすケースもあります。その場合、最悪損害賠償が発生するおそれがあるので、応急処置をして拡大を防ぎましょう。雨漏りを発見した場合はバケツで水を受けたり、専用のシートで養生し応急処置を行えば、業者が来るまでの間なら被害をおさえることができます。
雨漏りを見つけたら写真を撮れと友人にいわれました。なぜですか?(男性/主夫)
証拠を残しておくためです。証拠として残しておくことで雨漏りの責任の所在をはっきりさせることができるため、管理会社に修繕費を請求しやすくなります。しかし、もし自分に責任がある場合は請求ができないため、発見した場合は速やかに業者に依頼し、雨漏り修理を行いましょう。

このように、応急処置や証拠写真を撮っておくことで余計な出費をおさえることができ、場合によっては無料で雨漏りの調査や修理を行うことができます。特に応急処置は賃貸物件でなくても有効な手段なので応急処置用の道具は常に所持しておきましょう。

トラブルを防ぐために

賃貸マンションやアパートの場合、自分で雨漏り修理を行うことはできないため、まずは急いで管理会社もしくは貸主に連絡をしましょう。また、この際に火災保険が適用されるかどうかも確認しておけば後で修理費用を請求することができます。

TOPボタン