雨漏り調査の前に火災保険の確認を【コストの削減に最適】

窓からの雨漏りを火災保険で対処~雨漏り調査の前に確認しよう~

火災保険は、火災以外にも適用されるケースがあります。雨漏りはその対象の一つです。ここでは、そんな火災保険と雨漏りの関連性について紹介していきます。

火災保険について

雷と雨

火災保険という名称を意識しすぎるあまり、「雨漏りは該当されない」と思い込み保険金を申請しない人は少なくありません。しかし、火災保険は実際には火災だけではなく水災や風災、雪災などの自然災害に対しても適用されます。雨漏りは水害に該当されるため、家の雨漏りが人為的ではなく自然災害だと判断されれば保険金を受け取ることができ、雨漏り修理の改善費用に使用できます。また、申請期限は3年以内のため、3年間以内に発生した雨漏りならば申請すれば保険金が発生することがあります。

火災保険に加入するメリット

実際に火災保険が適用されるかどうかのチェックは業者の人に調べてもらうようにしましょう。見落としがちな雨漏り箇所もきちんとチェックしてくれるため、適切な金額を受け取ることができます。

火災保険が適用されないもの

  • 老朽化が原因の雨漏り
  • 施工不良が原因の雨漏り
  • 屋根及び外壁からの染み込み
  • 窓の閉め忘れによる吹込み被害
  • 換気口・通気口などからの吹込み被害

まとめ

火災保険が適用されるのはあくまでも自然災害であり、それ以外が原因の雨漏りは保険が適用されないのでご注意ください。

さかのぼって修理をすることも可能

保険の請求は、過去にさかのぼって請求することも可能です。例として最大2年前までさかのぼって請求し、保険金が発生したケースもあります。しかし、雨漏り発生から5年以上経過していた場合は保険金が下りないこともあります。多くの保険は修理費用が20万円以下だと適用されないということが多いです。

TOPボタン